TOKYO MAY 14-15, 2022

チケットを購入する >
Round-yesenia Created with Sketch.

Mariana Pedroza

Artist and Designer

Robotos NFTs

NFTのジェネレーティブアートを作成する方法

How to create Generative Art for NFTs

RobotosやBuenoなどのNFT関連サービスを手掛けるチームによる、NFTのジェネレーティブアートの作成についてのワークショップです。

Outline of the workshop:
– What is generative art? (5 min)
– Why generative art is relevant in NFTs? (5 min)
– Let’s create a small avatars collection explanation ( 5 min)
– Creating Traits (25 min)
– Mix and Matching with bueno (20 min)
– At the end, we will give attendees materials so they can open their etherium wallet and use Bueno NFT.

このワークショップではiPadまたはFigmaがインストールされたPCが必要です。また、Pabloが手掛けるBuenoというジェネレータの無料ライセンスを提供するため、メタマスクのアカウントを持っていると望ましいです(5/12更新)

※PabloとBuenoについてはこちらの記事も参照ください。
https://note.com/demagsign/n/na69c407e3301

About Mariana

Marianaまたの名をMeela.ethは、一般的にゴミと呼ばれるような、私たちが普段捨て去るようなものを描くことで人間の存在の残骸を探索するのが大好きなメキシコのアーティストです。彼女はRobotos NFTのアーティスト兼デザイナーであり、Slices of Timeの元アーティスト、TIME MagazineのWeb3イニシアチブでもあります。彼女は過去8年間、デザインエグゼクティブおよびUXデザイナーとしてスタートアップに従事し、ラテンアメリカの最大の銀行であるBBVAでデザインカルチャー戦略を主導してきましたが、NFTの熱狂的な盛り上がりによりついに自分のキャリアをそちらに振り切ることにしました。このワークショップでは、Bueno NFTのクリエイティブプロデューサーであるViri Gutiérrez(Beeree.eth)とPablo Stanleyが共同ファシリテーターとして支援します。