ENG

TOKYO MAY 14-15, 2022

チケットを購入する >
Round-yesenia Created with Sketch.

Pablo Stanley

Illustrator, Cofounder & CEO

Blush Design

NFTエコシステムに入り込むためのデザインツール

The design tools you need to get involved in the NFT ecosystem

Pabloは、自身が作り出したいくつものイラストレーションシステムやデザインツール、ソフトウェアをにおける彼の創造的なプロセスについて話します。特に、今回はRobotosとBuenoという2つのツールに焦点を当てます。 RobotosはPablo自身が設計した9,999のアルゴリズムで生成されたドロイドキャラクターのコレクションで、Buenoはデジタルクリエーターが1行のコードを記述せずにアセットをアップロードするだけで、希少性を制御し、NFTを作成できるNFTジェネレーターです。 このトークを通して、NFTエコシステムに対してデザインスキルをどのように適用できるかについての理解が深まり、この分野に参加したいと考えている人は、独自のジェネレーティブアートを作るきっかけになるかもしれません。

About Pablo

Pabloは、Blushの共同創設者兼CEOです。以前はCarbon Healthの共同創設者、Lyftのスタッフデザイナー、InVisionのリードデザイナーも務めていました。彼は世界中で講演やワークショップを行っており、その分野はプロダクトデザイン、アニメーション、イラストレーションシステム、ストーリーテリング、アクセシビリティ、行動経済学、デザイナーでいることの試練、コミックについてなど多岐にわたります。

PabloはSketch TogetherというYouTubeチャンネルを持っており、デザインチュートリアル、ライブ配信、批評、その他のさまざまなものを配信しています。彼はまた、「Diseño Cha Cha Cha」と呼ばれる、テクノロジー業界のラテン系アメリカ人へのインタビューを含む、さまざまなポッドキャストを主催しています。彼は、Avataaars、Humaaans、Open Doodles、Bottts、およびButtsssの背後にいるイラストレーターでもあります。